鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨その他体幹骨の後遺障害

せき柱とは、いわゆる背骨のことで,せき柱のうち、頸椎(頸部)は主として頭部の支持機能を、胸腰椎(胸腰部)は、主として体幹の支持機能を担っていることから、原則として頸椎と胸腰椎は異なる部位として取り扱い、それぞれの部位毎に等級を認定することになっています。
 
等級 認定基準
第6級の5 せき柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
第8級の2 せき柱に運動障害を残すもの
第11級の7 せき柱に変形を残すもの
 
せき柱の骨折にはせき髄の損傷を伴うことが多いので、後遺障害(脊髄損傷)の見落しがないよう注意する必要があります。

せき柱以外のその他の体幹骨の障害に関しては鎖骨、胸骨、ろっ骨、肩こう骨、骨盤骨の変形障害について、下記のとおり等級が定められています。
 
等級 認定基準
第12級の5 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
 
著しい変形を残すもの」とは、裸になったとき、変形が明らかにわかる程度のものです。
その変形がX線写真等によってはじめて発見しうる程度のものは該当しません。
 
また、ろっ骨の変形は、その本数、程度、部位等に関係なく、ろっ骨全体を一括して1つの障害として取り扱うこととされており、ろく軟骨についてもろっ骨に準じて取り扱うものとされています。

せき柱・鎖骨の変形障害の場合、逸失利益への影響について、裁判例も分かれているところですので、注意しなければなりません。



当事務所へのご相談はこちらから

ImgTop12.jpg

後遺障害に関する他の記事はこちら


■後遺障害とは ■後遺障害の種類 ■遷延性意識障害とは
■高次脳機能障害とは ■高次脳機能障害の6ポイント ■胸腹部臓器の後遺障害
■せき柱骨折による後遺障害 鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨その他体幹骨の後遺障害 ■上肢・手指の後遺障害
■脊髄損傷 ■頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害 ■下肢・足指の後遺障害
■疼痛について ■RSD ■脳脊髄液減少症
■醜状の後遺障害について ■PTSD ■各部位の損傷による傷害

交通事故の無料相談 0957‐22‐8100
詳しくはこちら
相談票ダウンロード
推薦者の声
弁護士費用
事務所案内

contents menu

諫早事務所
アクセスはこちら
島原事務所
アクセスはこちら

ImgLS3_3.jpg