パート勤務者の線状痕障害の事例
60代パート勤務の方が青信号の横断歩道を横断中していたところ,相手方車両が衝突しました。

60代パート勤務の方が青信号の横断歩道を横断中していたところ,相手方車両が衝突しました。
この事故の結果,被害者は唇に線状の傷を残しました。
弁護士は,主治医に対して,線状痕の状態を具体的に後遺障害診断書に記載するように依頼をし,その結果,外貌醜状として別表Ⅱ第12級第14号の後遺障害認定がなされました。
休業損害についても,パートとしての給料を基準としたものではなく,兼業主婦であるとして,平均年収で計算を行いました。
最終的に約550万円の金額で示談が成立しました。

その他部位別の解決事例はこちら

部位 事例内容
頭部 後遺障害1級に相当する脳挫傷等の障害を負った事例 和解額が1億2880万円から2億円に増額した事例(7,120万円のUP)
頸部捻挫の障害を負った事例(後遺症なし) 和解額が236万円から350万円に増額した事例(114万円のUP)
外傷性頚部症候群等の傷害で保険会社提示額が50万円から90万円に増額した事例(40万円のUP)
脊髄 中心性脊髄損傷の障害を負った事例(後遺症なし) 和解額122万円が150万円に増額した事例(27万円のUP)
関節脱臼骨折,骨盤骨折等の障害を負った事例(後遺障害10級) 和解額1,085万円が1,900万円に増額した事例(815万円のUP)
上腕骨骨幹部骨折,橈骨神経麻痺の障害を負った事例(併合11級) 和解額830万円が1,900万円に増額した事例(1,070万円UP)

>>その他の解決事例はこちら



当事務所へのご相談はこちらから

ImgTop12.jpg

交通事故の無料相談 0957‐22‐8100
詳しくはこちら
相談票ダウンロード
推薦者の声
弁護士費用
事務所案内

contents menu

諫早事務所
アクセスはこちら
島原事務所
アクセスはこちら

ImgLS3_3.jpg