• HOME
  • 解決事例
  • 右折直進の事故により,直進進行中の車両に同乗中の被害者が併合11級の後遺障害を負った事例

右折直進の事故により,直進進行中の車両に同乗中の被害者が併合11級の後遺障害を負った事例

相手方は,交差点を右折しようとしたところ,前方不注意により,前方から直進してきた被害者が同乗する自動車に追突させ,被害者に上腕骨骨幹部骨折,橈骨神経麻痺の傷害を負わせた事例

裁判提起後の和解事案です。

コメント

症状固定日までのうち,就業予定日であった以降の休業損害について,通院日数も考慮の上,休業率を50パーセントとして休業損害を算定されました。
 
肩関節部の可動域制限及び上肢のしびれが,12級6号及び12級13号に該当し,加重併合の結果11級と認定され,労働能力喪失につき,20パーセントをそのまま認めました。

訴訟前の保険会社の提示額は,約830万円ですが,和解額は1900万円でした(1130万円のアップです)。

その他部位別の解決事例はこちら

部位 事例内容
頭部 後遺障害1級に相当する脳挫傷等の障害を負った事例 和解額が1億2880万円から2億円に増額した事例(7,120万円のUP)
頸部捻挫の障害を負った事例(後遺症なし) 和解額が236万円から350万円に増額した事例(114万円のUP)
外傷性頚部症候群等の傷害で保険会社提示額が50万円から90万円に増額した事例(40万円のUP)
脊髄 中心性脊髄損傷の障害を負った事例(後遺症なし) 和解額122万円が150万円に増額した事例(27万円のUP)
関節脱臼骨折,骨盤骨折等の障害を負った事例(後遺障害10級) 和解額1,085万円が1,900万円に増額した事例(815万円のUP)
上腕骨骨幹部骨折,橈骨神経麻痺の障害を負った事例(併合11級) 和解額830万円が1,900万円に増額した事例(1,070万円UP)

>>その他の解決事例はこちら



当事務所へのご相談はこちらから

ImgTop12.jpg

交通事故の無料相談 0957‐22‐8100
詳しくはこちら
相談票ダウンロード
推薦者の声
弁護士費用
事務所案内

contents menu

諫早事務所
アクセスはこちら
島原事務所
アクセスはこちら

ImgLS3_3.jpg