• HOME
  • 交通事故問題でお悩みの方へ

交通事故問題でお悩みの方へ

交通事故はいつ誰の身に起こるかわからないものです。
事故に遭ってしまうと、「何で自分だけがこんな目に遭うのか…。」「まずどのような手続きを取れば良いのか・・・。」など、不安な気持ちに陥りやすくなります。

 

事故後の対応においても、法的な知識を持ち合わせていないために、「保険会社からの賠償金提示額が適正かどうか。」「どこまで治療費を請求できるのか。」「どこまで自分に過失があるのか。」など、自分達だけでは解決できない問題が多く発生します。
morimoto2.png

交通被害者にとって、最大の負担となるのが保険会社との交渉です。
ご存知でない方もいらっしゃると思いますが、保険会社は多くの場合、賠償金をできるだけ低く抑えようと示談交渉を進めてくるため、本来もらうべきはずの適正な賠償額をもらえないということが、日常的に起こっています。

交通事故の知識を持たない被害者にとって「専門家が言うことなのだから、保険会社が提示する金額は適正なのだろう」と思いがちです。
そのため、賠償金額に対して何の疑いもなく、保険会社の提示金額を鵜呑みにしてしまうケースが多々存在しています。
繰り返しになりますが、保険会社が提示してくる金額は適正でないことが多いです。

ワンポイント・アドバイス

では,何故保険会社は最初からは適正な金額を提示しないのでしょうか?
 
を見ていただければ分かるように、保険の基準は強制保険である自賠責と任意保険との二重構造になっており、二重の基準があります。
 
自賠責の範囲の金額であれば、自賠責で賄えるため、任意保険会社は自分の支払い分がなくてすむからです。そのような一方的な損害保険会社の都合で提示された金額ですので、それをそのまま鵜呑みにしてしまうのは得策ではありません。
この点をよく理解された上で、弁護士への相談をしていただきたいと思います。

しかし、ほとんどのケースにおいて、弁護士が保険会社と交渉することで、提示額より多い、適正な賠償金を受けられるようになります。

気をつけなければならないことは、交通事故後、保険会社と示談を成立させてしまうと、その示談書で定められた金額以上の請求権は放棄しなければならなくなるのが大半だということです。
原則として、示談書で定められた金額以上を取得することはできないということを、知っておかなければなりません。

交通事故の被害に遭った際には、まず交通事故に詳しい弁護士に相談をすることが、最善の策となり、後々大きな差となります。

交通事故に関する賠償金や示談に関して、不安や疑問を抱えている方がいらっしゃいましたら、まずは専門の弁護士にご相談ください。親身にサポート致します。


当事務所へのご相談はこちらから

ImgTop12.jpg

当事務所に関する他の記事はこちら

交通事故の無料相談 0957‐22‐8100
詳しくはこちら
相談票ダウンロード
推薦者の声
弁護士費用
事務所案内
諫早事務所
アクセスはこちら
島原事務所
アクセスはこちら

ImgLS3_3.jpg