• HOME
  • 全国の交通事故情勢

全国の交通事故情勢

全国の交通事故発生件数は,年々減少を続けており,交通事故の発生件数及び負傷者数において10年連続の減少,交通事故による死者数は,平成28年は3,094人で,前年比で213人の減少でした。

交通事故発生状況(全国)


区分
平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
発生件数(件) 665、157 629、033 573、842 536、899 499、201
死者数(人) 4、438 4、388 4、113 4、117 3、904
負傷者数(人) 825、392 781、492 711、374 666、023 618、853

長崎県の交通事故情勢

平成28年中の長崎県の交通事故発生状況は,発生件数5,652件 ,死者数41人,負傷者数7、416人でした。
平成28年中は,前年に比べ,発生件数,死者数,負傷者数ともに減少しました。65歳以上の高齢者の事故は前年比で減少しました。

交通事故発生状況(長崎県)


区分
平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
発生件数(件) 7、302 7、165 6、465 6、121 5、652
死者数(人) 39 47 49 45 41
負傷者数(人) 9、138 9、263 8、335 7、802 7、416

高齢者の事故の推移(長崎)


区分
平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
発生件数(件) 1、784 2、002 1、923 1、910 1、765
死者数(人) 25 31 28 31 30
負傷者数(人) 1、297 1、450 1、351 1、226 1、195

長崎県の交通事故の発生件数は,他県と比較した場合に特別多いわけではありませんが,長崎県内における警察署別の交通事故発生件数を見ると,当事務所が拠点を置く諫早署が,長崎県内で1番多く交通事故が発生しています。高齢者別の発生も同様に諫早署が一番多いようです。
 
長崎特有の交通事情や損害保険会社の動向,長崎特有の文化がありますので,交通事故の相談は,長崎県内の弁護士に是非,ご相談下さい。

弁護士は敷居が高く,相談したいけれどなかなかできないという現状を打開し,サポートを必要とする依頼者の方にとって,より身近で頼れる存在になれるよう,日々全力を尽くしたいと思います。また,交通事故の被害者が適切な治療を受けることができると同時に,適切な補償を受けることができるようにするのが交通事故案件に関する当事務所のスタンスです。



当事務所へのご相談はこちらから

ImgTop12.jpg

交通事故の無料相談 0957‐22‐8100
詳しくはこちら
相談票ダウンロード
推薦者の声
弁護士費用
事務所案内
諫早事務所
アクセスはこちら
島原事務所
アクセスはこちら

ImgLS3_3.jpg